学校経営方針

学校経営の基本方針 (3つの柱)

(1)授業と学校生活が楽しい学校
■授業規律・学習規律を徹底させ、「内容」「方法」「変容(向上)」の3つ視点から、楽しい授業を創造する。
■「主体的・対話的で深い学び」を実現し、児童の「読み解く力」の育成を図る。
■平成30・31年度東京都プログラミング教育推進校の成果を生かして、プログラミング教育を推進する。
■1人1台タブレット端末を効果的に活用し、新たな時代の学習を推進する。
■「一人一人の居場所や活躍がある学校」にする。
(2)当たり前のことが当たり前にできる学校
■成丘小「当たり前のこと10か条」をもとに、家庭・地域と連携を図りながら、全教職員で共通理解をして徹底を図り、
当たり前のことが当たり前にできるようにする。
■「ダメなことはダメ」と、毅然とした指導を行い、善悪の判断力を育てる。
(3)外から中が見える学校
■ホームページや各種お便りなど、学校での様子を積極的に発信し、学校の外からでも学校の中が見えるようにする。