校長室から

koutyousitu

「今日が楽しく、明日が待たれる学校」をめざして

志村第二小学校4年目を迎えます、校長の高野康弘です。
 ようやく、アフターコロナの入り口が見えてきました。今までの学校生活を取り戻していくことの期待とともに、コロナ禍において、スリム化できたことについては、新しい学校生活として取り入れながら学校経営を進めてまいります。
 さて、志村第二小学校は、今年度、91名の新入生を迎え、総勢528名、18学級でのスタートとなりました。「今日が楽しく、明日が待たれる学校」この言葉は、私が副校長時代の当時の校長先生が示してくださった学校経営の合い言葉です。学校生活において、すべてが楽しい活動とならないこともあります。子どもたちは、様々な活動や経験を通して成長していきます。時にはつらいこともあるかもしれませんが、一日を通して、「今日は楽しかったな。早く明日にならないかな」という気持ちで一日を終えられるような学校を目指してまいります。
 志村第二小学校校長として、4年目を迎え、この合い言葉のもと、全教職員一丸となって学校経営を進めてまいります。