環境教育への取り組み(令和4年度)

本校は区内ではじめて、国連の「ユネスコスクール」に認定されました。 板二小90周年を記念して創られたマスコットキャラ「キノッピー」は、板二小の特徴である豊かな自然がモチーフにされています。

令和3年度の取り組みはこちら

板二小 環境教育これまでの取り組み

9月



■オンブバッタ
ビオトープ近くの学級菜園で赤しそを育てています。今日、そこにオンブバッタがいるのを見つけました。オンブバッタはメスの上にオスが乗っている姿が知られています。今日見つかったオンブバッタはなんとトリプルで、1匹のバッタが2匹のバッタをおんぶしていました。
1 2
■フウセンカズラ
 フウセンカズラが変色し、中から種がとれるようになりました。
1 1
■学級菜園に表示が設置されました
学級菜園のどこでなにが育てられているのかわかるように、事務の村上さんが表示を作って設置してくれました。
1 1

■緑のカーテン
ヘチマとゴーヤで作られた緑のカーテンが校舎の3階まで伸びています。収穫したヘチマを使って、4年生がたわしを作っています。
1 1

6月


■モンシロチョウの幼虫
3年生がモンシロチョウの幼虫を育ています。エサは、主に学級菜園のキャベツです
4
■カタツムリがいました
コミュニティーガーデンをよく見ると、小さなカタツムリがたくさんいました。
3
■アジサイ
アジサイが綺麗に咲きました。青や水色、紫がかった色などがあります。
12
■タチアオイ 学級菜園の中に植えられているタチアオイが見事に咲いています。白、ピンク、黄色など様々な色があります。
2 1

5月

■〈第二ビオトープ〉
校庭にある、築山側のビオトープ「第二ビオトープ」に、ソーラーポンプが設置されました。ソーラーパネルから吸収した日光をエネルギーに変えて、水の循環をしてくれます。水の中には水芭蕉と姫蒲を植えました。踏み板の部分は、板橋区教育委員会新しい学校づくり課の方に修繕していただきました。これからどんな生き物が集まってくるのか楽しみです。
1 2 3
■ビオトープの見学
近隣の落合幼稚園から、本校のビオトープを見学しに子供たちが来てくれました。カエルやオタマジャクシの姿や色々な植物などを間近で見て、嬉しそうな笑顔を見せてくれました。
1 2 3
■ビオトープのおたまじゃくしに足が生えているのを発見しました。カエルになるのが楽しみです。
カエル 足
■ベニバナトチノキが花を咲かせています。その名の通り紅色のきれいな花です。
ベニバナトチノキ 

■こちらはネギの花です。こんな花が咲くんだ、と子供たちも驚いていました。
ネギの花

4月

■学級菜園に植えられた春菊が花を咲かせていました。春菊はおいしいですが独特の風味があり、また他の野菜などの近くに植えると虫除けの効果があります。今年も学級菜園を活用して様々な野菜を育て、子供たちの教育に生かしていきたいと思っています。
春菊の花

■自然豊かな板二小には四季折々の花や植物が見られます。
ビオトープにタラの芽があるのを見つけました。
タラの芽

 こちらは板橋区の花のニリンソウです。

ニリンソウ
 飼育小屋の周りにはつくしがたくさん生えていました。

つくし

このページでは今年度も板二小の自然や環境教育についてお知らせしていきます。ぜひご覧下さい。