東京染小紋って何だろう?


その1.「江戸小紋」という名前で有名
 東京染小紋は、「江戸小紋(えどこもん)」ともよばれ、親(した)しまれています。小林さんの店でも「江戸小紋」という名前を使っています。東京染小紋のブランド名が江戸小紋(えどこもん)と考えるとわかりやすいかもしれません。


その2.型紙を使って染めた小さなもよう
型紙(かたがみ)
 小紋(こもん)とは、型紙(かたがみ)を使って染めた「柄(がら)の小さなもよう」という意味(いみ)です。室町(むろまち)時代にはじまり、江戸時代に広まりました。
 型紙(かたがみ)を使って着物のもようを染める技法(ぎほう)を型染め(かたぞめ)といいます。大紋型染め(だいもんがたそめ)、ゆかたなどに使われる中型染め(ちゅうがたそめ)に対して、 細かい柄(がら)の型染め(かたぞめ)のことを小紋型染め(こもんがたぞめ)とよんでいたことから、「小紋(こもん)」という名前が伝わったといわれています。 


その3.遠くから見ると無地に見えるけど…  
 東京染小紋は、遠くから見るとまったく柄(がら)のない無地に見えます。しかし、近くから見るとそのしなやかで美しい独特(どくとく)の柄(がら)におどろき、心をうばわれます。
 派手(はで)なものやぜいたくが禁止(きんし)されていた江戸時代の武士(ぶし)が、パッと見は無地(むじ)で地味(じみ)なように見せかけて、実はとても細かい柄(がら)、つまり小紋(こもん)を染めた裃(かみしも)を着ることによってかくれたおしゃれやぜいたくをしていたといえましょう。
 ちなみに、「極鮫(ごくざめ)
※1」とよばれる柄(がら)の場合、3p×3pの正方形の中に800〜1000粒(つぶ)もあります。 
※1 このホームページのかべ紙が、「鮫(さめ)」とよばれている柄(がら)です。 裃(かみしも)
→くわしくは、「東京染小紋の模様(もよう)」のページへ


その4.武士の裃から女性の着物へ
徳川将軍家の柄(がら)
「御召十(おめしじゅう)」

女性の着物の
 東京染小紋は、江戸時代に武士(ぶし)の裃(かみしも)に細かなもようが染められるようになってから発達し、広まりました。この時代、将軍家(しょうぐんけ)をはじめ、それぞれの藩(はん)は、武士(ぶし)の裃(かみしも)用に自分たち藩(はん)だけの柄(がら)※2 をきそって定め、シンボルとしたのです。ひと目でどこの藩(はん)の武士(ぶし)かわかるユニホームの柄(がら)というわけです。
 はじめ小紋(こもん)は、男である武士(ぶし)の裃(かみしも)を中心に使われていましたが、江戸時代も中ごろになると、町人の間でも着物などに小紋(こもん)を染めるのがはやり、男性(だんせい)だけでなく、女性(じょせい)にも広まりました。そして、動物や植物を形どった柄(がら)や縁起(えんぎ)をかついだり、語呂(ごろ)あわせのあそび心のあったりする柄(がら)もたくさん生まれ、さかんに作られるようになりました。
 明治時代になると、武士(ぶし)という身分が廃止(はいし)されたため、裃(かみしも)が作られなくなりました。また、洋服を着る人が多くなったため、男性(だんせい)で小紋柄(こもんがら)の着物を着る人がとても少なくなりました。しかし、訪問着(ほうもんぎ)など女性(じょせい)の着物として広まっていきました。
 今では、100人中、90人以上が女性(じょせい)のお客さまで、大部分は女性(じょせい)の着物として親しまれています。
※2 これを「定め小紋(さだめこもん)」とか「留柄(とめがら)」といいます。ほかの藩(はん)には絶対(ぜったい)に柄(がら)をまねさせませんでした。
→くわしくは、「東京染小紋の歴史(れきし)」のページへ


その5.意地のはり合いから完成された技術
高度な技術による柄
鮫小紋(さめこもん)
 東京染小紋は型紙(かたがみ)を使って染めるわけですが、細かい柄(がら)ほど型彫り(かたぼり)も染めも技術(ぎじゅつ)が高度なため、おたがいに細かい柄(がら)に挑戦(ちょうせん)し技(わざ)をきそい合ったのです。このように型屋(かたや)と染め屋(そめや)の意地の張り合いによって完成されたとても細かい柄(がら)が、東京染小紋のすばらしさの原点(げんてん)となっています。


その6.国から伝統工芸品に指定される
 東京染小紋は、1974(昭和49)年5月25日に、経済産業大臣(けいざいざんぎょうだいじん)、つまり日本の国から伝統的工芸品(でんとうこうげいひん)として指定されました。
 ちなみに、伝統的工芸品(でんとうこうげいひん)として指定されるには、法律(ほうりつ)によって次のような条件(じょうけん)ことが必要(ひつよう)とされます。
経済産業大臣指定
伝統的工芸品マーク
●日常(にちじょう)生活の中で使用されていること
●ほとんどが手でつくられていること
●つくる技術(ぎじゅつ)の基本(きほん)が江戸時代までに完成されていること
●天然の原材料(げんざいりょう)が使われていること
●製品(せいひん)をつくる場所が決まっていること


その7.小紋を使って作られているもの
 東京染小紋を使って作られているものの中心は着物です。とくに今では、そのほとんどが女性(じょせい)の着物といってもいいかもしれません。それらは、結婚披露宴(けっこんひろうえん)・お茶会・パーティー・食事会・音楽鑑賞会(おんがくかんしょうかい)など、いろいろな場面で着られています。
 しかし、年々、着物を着る人がへっており、最近ではその高度な技術(ぎじゅつ)をいかして、ふろしきやマフラー、ランプシェードなども売り出されています。小林さんは、ふすまなども新しく商品にすることができないか考えているところだそうです。
完成した東京染小紋
→くわしくは、「完成(かんせい)した作品」のページへ


※このページは、小林さんのお話のほかに下の資料(しりょう)やホームページも参考にしました。
◆東京都染色工業協同組合ホームページ  URL:http://www.ins-web.co.jp/tsk/senshoku-kumiai.htm
◆江戸の「粋」を創る人々 富田染工芸さん取材記  http://www.wasai.or.jp/kimono/tomita/index.html
◆「調べよう日本の伝統工業 3関東の伝統工業」(北俊夫監修 国土社)




(東京染小紋のトップへ)