東京染小紋の模様(もよう)



 着物などの柄(がら)や模様(もよう)を染めるために使われる「道具」を「型紙(かたがみ)」といいます。
 模様(もよう)は「裃(かみしも)の定小紋(さだめこもん)」と「町人にも使われた小紋(こもん)」と大きく分けると2種類(しゅるい)あります。模様(もよう)にはおもしろい意味(いみ)があるものもあり、そのルーツをさぐってみると昔の人々の生き方などが見えてきます。


武士の裃(かみしも)「定小紋(さだめこもん)」

 江戸時代は、藩(はん)ごとに小紋柄(こもんがら)が決まっていました。参勤交代(さんきんこうたい)制度(せいど)によって江戸城に集まった時、定小紋(さだめこもん)のついた着物を着ていると「自分は○○藩の者だ。」という強い気持ちになれたようです。また、武士(ぶし)はぜいたくをしてはならないルールもあったのですが、模様(もよう)を細かくすることで、遠くからはわからないかくれたおしゃれを楽しむことができたのです。
 それでは代表的な模様(もよう)を見てみましょう。

「御召十(おめしじゅう)」

 徳川将軍(とくがわしょうぐん)家


※子ども用の剣道着でよく見かける柄(がら)です。

「極鮫(ごくざめ)」

 紀州徳川(きしゅうとくがわ)家
 ※紀州とは今の和歌山県のあたりです。


 ※鮫(さめ)とは、サメではなく「エイ」のおなかの模様(もよう)をかたどったものです。
 
 ※このホームページのかべ紙と同じですね。

「梅鉢(うめばち)」

 細川(ほそかわ)家

「菊菱(きくびし)」

 前田(まえだ)家

 ※NHK大河ドラマ「利家とまつ」の前田家です。


町民にも使われた「いわれ小紋(こもん)」

 江戸時代も中ごろになると町人の間でも小紋染めの着物がはやりだしました。大根(だいこん)、松葉(まつば)など定小紋(さだめこもん)にはない、生活と関係(かんけい)した意味のある模様(もよう)がたくさん生まれました。

初夢(はつゆめ)

 富士山(ふじさん)、たか、なすの模様(もよう)が入っています。初夢(はつゆめ)の縁起物(えんぎもの)といわれている3つの模様(もよう)を入れて、よいことがおこるようにとの思いがこめられています。

大根(だいこん)おろし

 いろいろな形をした大根とおろしがねを組み合わせた模様(もよう)です。大根は、「消化(しょうか)がよくおなかに当たらない=難(なん)にもあたらない」とされ、むずかしいできごとに出会わないという意味があります。

サルカニ合戦

 「カニのはさみ」「柿(かき)の木」「大きなくり」「うす」が描(えが)かれています。

もちつき

 「かま」「うす」「きね」「せいろ」が描(えが)かれています。

羽黒山(はぐろやま)

 「天狗(てんぐ)」と「羽うちわ」がしめしているのは、修行(しゅぎょう)の山として有名(ゆうめい)な羽黒山です。

厄除け(やくよけ)

 厄除け(やくよけ)として、「へび」「なめくじ」「たぬき」「グラス」「杯(さかずき)」が描(えが)かれています。

手まりと羽子板(はごいた)

 ちょっと見にくくてわからないかもしれませんが、「手まり」と「羽子板」という小さな女の子の伝統的(でんとうてき)な遊びが表現(ひょうげん)されています。

住吉踊り(すみよしおどり)

 長い柄(え)のかさ、踊り子(おどりこ)が豊作(ほうさく)をねがう田植えのおどりを示(しめ)しています。




(東京染小紋のトップへ)