1組の教育


 平成30年度 1組(特別支援学級)の紹介

1 組織(3学級)

  担任4名、介添員2名
  1学年(男子4名、女子1名)
  2学年(男子3名、女子5名)
  3学年(男子5名、女子6名)

2 1組の教育目標

 (1) 自ら進んで物事にあたる力を育成する。
 (2) 豊かな感性と健康な身体を育成する。
 (3) 基礎的な学力の定着を図る。
 (4) 自ら礼儀正しく行動し善悪の判断ができる力を養う。

3 学校、学級の教育目標を達成するための基本方針

 ・基礎学力の充実を図り、一人一人の生徒の実態に応じた学習内容を工夫し、能力の 開発と個性の
 伸長に努める。
 ・学校行事・係活動などを通して、経験を広め、社会性を養い、集団の中で行動できる たくましさが身
 に付くように努める。また、交流および共同学習・環境教育を進め、豊か な人間性を育てる。
 ・生徒一人一人が直面している課題について、教師は十分に理解した上で、共通理解を持つように努
 め、個別指導計画及び個別の教育支援計画に基づき、個別指導、課 題別指導、全体指導を合わせ
 て行う。
 ・全教育活動を通し、言語・運動・情緒・行動などの面で身辺の自立や社会的自立を目指すため、指
 導方法の工夫・改善を図る。
 ・個別の教育支援計画を基に家庭・地域・医療機関との連携を深め、将来にわたって支援できるよう
 にお互いに協力して指導効果を高めていく。

4  指導の重点

 (1)各教科、道徳、特別活動、自立活動等
   ア 各教科
    ・指導の目標を明確にし、基礎的な学力の定着を図るとともに、生徒の個性・能力の伸長を図る。
    ・一人一人が意欲をもって学習に取り組めるよう、生徒の実態に応じた適切な教材と指導法を工
    夫する。
    ・豊かな感性を育て、豊かな人間性をはぐくむため情操教育を重視する。
    ・個別指導計画に基づいて、生徒の成長を見守り、指導していく。
   イ 道徳
    ・明るいあいさつの励行と、相手の立場を思いやり、互いの人格を尊重し合う態度を育てる。
    ・物事を正しく理解・判断し、それによって行動する態度を育成する。
   ウ 総合的な学習の時間
    ・体験的な活動を通して課題解決学習を行い、社会性を身に付けさせる。
   エ 特別活動
    ・学校行事では通常の学級と交流し、また、生徒会、委員会活動にできるだけ参加し、相互に人
    間関係の理解を深め合う。
    ・学級活動や諸活動を通して、集団生活の適応、環境への関心、国際社会の中の日本人として
    の意識などの育成に努める。
   オ 自立活動・作業学習
    ・学校生活全体の中で、情緒の安定を図るために、落ち着いた学習環境を整える。
    ・言葉によるコミュニケーション能力を育て、対人関係の改善を図る。
    ・作業的な学習を通して、作業に必要な基本動作を習得し、巧緻性の向上を図る。
    ・生徒の課題を的確に把握し、それぞれに応じた効果的な指導を推進する。
    ・緑のカーテン活動等を通して、環境教育を進めていく。
    ・集団作業を継続的におこない、集団の中での人間関係の構築と関係性の向上を図る。

 (2)その他の活動
   ・特別活動の充実を目指し、教師と生徒、生徒相互の触れ合いを大切に、感性豊かな生徒を育成
   する。
   ・連合行事等では、集団の一員としての自覚と責任感をもたせ、協力してことあたる態度を育てる。

 (3)生活指導
   ・基本的生活習慣を身に付けさせる。
   ・何事にも進んで取り組み、最後までやり抜く力を育てる。
   ・個別指導の充実を図り、長所を伸ばし、短所を補い、的確な判断ができるように授業を行う。
   ・一人一人がかけがえのない存在であることを理解させ、お互いを尊重する態度を養う。

 (4)進路指導
   ・一人一人の生徒の能力・適性についての正確な把握に努め、保護者の協力を得て、能力を生か
   す進路指導を行う。
   ・望ましい職業観を身に付け、生涯にわたり生きがいをもって生活できるよう、関連施設等の訪問・
   職場体験学習を行う。
   ・家庭・地域・医療機関との連携を深め、将来にわたって支援できるように互いに協力して指導効
   果を高めていく。

5 その他の配慮事項
 
 (1) 個別の教育支援計画を基に、常に一人一人の課題の特性に配慮し、家庭並びに医療機関と密
   接な連絡をとり、適切な指導の充実を図る。
 (2)個に応じた指導を充実させるため、個別指導計画及び個別の教育支援計画に基づき、課題別の
   グループ指導や複数教員での指導形態を工夫する。
 (3)特別支援学級の専門性を生かした情報を提供するとともに、行事・委員会活動等を通し、通常の
   学級との交流及び共同学習を進め、校内支援の充実を図る。

6 授業配当時間と内容(内容は適宜変わります)

教科・領域 時数 学習内容





国語 日常生活の表現 文字 日記 作文 文章の読解 書写
社会 日本の地理 日本の歴史
数学 日常生活に必要な計算 時計 金銭 長さ 重さ 図形
理科 植物の栽培 観察 生物 実験
音楽 歌唱 器楽合奏 リトミック ハンドベル 和楽器
美術 絵画 木版画 切り絵 デザイン
体育 基礎体力の養成 陸上競技 球技 水泳
技術/家庭

紙・木・金属の加工など /被服 刺繍・調理など

英語 アルファベット 身近な単語と英会話 歌


道徳 月ごとにテーマを変えての学習
学級活動 行事参加への指導・係、班など生徒を主体とした活動
自立活動 体力や操作性の向上、生活に関する知識や技能
作業学習 工具の使用 作品の制作、グループ作業
総合的学習 行事 職場体験 進路 健康 環境など
週当たり時数計 29


7 時間割(毎年、または学期ごとに変わります)       H30年4月現在

時 間 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
8:50〜9:40 学活 国語 音楽 数学 道徳
9:50〜10:40 国語 社A家B 音楽 体育 体育
10:50〜11:40 体育 習A理B 数学 AB AB
11:50〜12:40 数学 習B理A 国語 自B作A 技A美B
<12:40〜1:35> <給食準備・給食・昼休み>
1:35〜2:25 美A技B 体育 英語 家庭 総合
2:35〜3:25 美A技B 家A社B 総合 英語

※下校時刻・・・5校時の日は3時頃、6校時の日は4時頃。

8 交流について
 ・校外学習(1年)、校外学習・スキー移動教室(2年)、修学旅行(3年)
  若鳩運動会、若鳩音楽祭、オーケストラ鑑賞教室(2年)、舞台発表・作品展など各行事に参加
 ・各学年の朝礼や集会への参加

9 主な年間行事(実施時期は年度によって変わることがあります)

(1学期)
1組歓迎会
(城北公園)
連合遠足 運動会
(組体操)
連合移動教室
(富士方面)
(長野志賀方面)

(2学期)
修学旅行
(京都・奈良)
連合球技大会
(バレーボール)
若鳩合唱祭
(板橋文化会館)
舞台発表・作品展
2年校外学習
(鎌倉)
職場体験学習

(3学期)
2年スキー教室
(八ヶ岳)
1年校外学習
(都内巡り)
連合学芸展覧会
(展示)
お別れ遠足

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
                                                  (平成30年4月更新)