平成28年度  
       
社会科見学の後に帰校しました!

5月の連休を家庭で過ごした後、6日(金)に社会科見学に全校で行きました。場所は千代田区にある科学技術館です。連休後のためか館内は非常にすいていて、各階にあるコーナーやブースをじっくり体験することができました。子供たちも満足したようです。その後、特急わかしお号に乗車して天津に帰校しました。

3・5年生のそらまめ収穫体験!

 9日(月)に小湊小学校との交流活動として、地元農家が栽培しているそらまめを一緒に収穫する活動を行いました。広い畑から、たくさんのそらまめを収穫してきました。帰校後は、3・4年生が、一人何十本もそらまめのさやをむいて、まめを取り出しました。そらまめは塩ゆでしたり、天ぷらにしたりして、連日おいしくいただきました。

 
     
新しいカロリズムでの計測がスタート!

今年度から3年間、板橋区教育委員会の「子どもの健康づくり事業」研究推進校として、本校が委嘱されました。教育活動の様々な場面で、株式会社タニタと連携した取り組みを行っていきます。まず始めは、新しいカロリズムを使っての計測です。12日(木)の午前中に身体の基礎データを計測し、午後はタニタの担当者から使い方や体のしくみなどについて説明を聞きました。

       
       
 津波を想定しての避難訓練

 13日(金)に避難訓練を実施しました。本校は学校と寄宿舎で年間17回の訓練が計画されています。海に面した学校ということで、津波を想定した避難は計7回行っています。今回は、学校裏手の山の中腹にある第2次避難場所である「ヒルズホテル」まで避難しました。この他にも、津波に関する避難訓練を、鴨川市と合同で実施したり、放課後や就寝後の午後9時過ぎに実施したりするなど、様々な場面を想定して行っています。

 
       
       
田植え体験!

 16日(月)に、地元農家の長谷川さんにご協力いただき、5年生と3年生が新明神社近くの田んぼに田植えに行きました。初めて素足で恐恐田んぼに入った子供たちは、ずぼずぼ、ぬるぬる、思いのほか温かな水と土に悪戦苦闘していましたが、徐々にこつをつかみ、途中から夢中になって活動しました。立ったり、かがんだりの動きに疲れた子もいましたが、みんなで協力して田んぼ一面に苗を植え終わり、充実感に浸っていました。秋には実った稲穂を収穫する予定です。

       
        
     
板橋区教育委員会事務局指導室訪問

 18日(水)は、本校に板橋区教育委員会の長田統括指導主事と水谷氏指導主事をお招きし、学校概要の説明、施設案内、各学年の授業参観、寄宿舎指導員研修等を行い、午後は5年生の研究授業及び協議会を開催しました。各学年の授業に対して指導・助言をいただくとともに、研究授業において、立体の体積を多様な考えで求めていた児童の姿に対して、お二方から高い評価を受けました。

 
       
       
4年生の駐在所見学

 20日(金)は、社会科の学習として学校近くの駐在所に4年生が見学に行きました。駐在する小林さんから、駐在所の役割や所内にある様々な道具について説明を受けました。パトカーにも乗せていただき、子供たちは大喜びでした。
 
       
       
       
       
第1回目の磯学習
 23日(月)に本校近くの磯場で、恒例の磯学習を実施しました。講師は千葉県立中央博物館分館主任上席研究員の菊地先生です。海にいる危険生物や生物の採り方を学んだあと、実際に磯でどんな生き物がいるか探しに行きました。ヒトデ、ウニ、アメフラシ、ナマコ、カニ、ヤドカリ、ハゼ・・・と、数多く採ることができました。次回6月6日は、今日の経験を生かして天津っ子がミニ先生となって、地元の天津小学校の子供たちとこの磯場で交流学習を行う予定です。
 
       
       
       
5年生の榛名移動教室

 23日(月)から25日(水)の2泊3日で、群馬県高崎市に榛名移動教室へ行ってきました。3日間とも天候に恵まれ、飯ごう炊飯、キャンプファイアー、山登り、ナイトハイキングなどを予定通り実施し、板橋区や鴨川市とは違った自然の中で、貴重な体験をしてきました。
 
       
←前の月へ →次の月へ